トップページ > 新技術開発 > 産学共同の研究開発他分野への応用
サイトマップ
ネクストステージに向かってチャレンジする…新しい開発技術の送出
産学共同の研究開発
この度金属材料、特に難加工材である自動車用高張力鋼板やマグネシウム合金などのプレス技術に関する基礎研究に高い実績のある茨城大学大学院西野研究室と弊社が共同で耐熱超合金(難加工材)の高精度プレス加工技術に関する開発を行いました。
     
新・難加工材高精度プレス加工技術とは
 
発電用ガスタービン部品には高強度かつ難加工材であるニッケル基、コバルト基耐熱超合金が使用されておりますが、これらの耐熱超合金は高価であるため従来の鋳造や切削加工では材料の歩留まりが悪く、その向上が求められていました。これを鋳造や切削加工ではなく、切削レスで歩留まりを大幅に改善するために、高精度プレス加工技術を開発しました。 
【効果】加工材の歩留まりUP+精度UP
 
 
L字形リングの加工例

U字形シールの加工例
「耐熱超合金のプレス加工技術」の他分野への応用
 
発電用ガスタービンの要素部品のほかに産業機械、環境エネルギー、航空機関連の耐熱超合金部材への応用など幅広くあらたな需要にお応えするよう努めてまいります。
 

免責事項・プライバシーポリシー
当サイトコンテンツの無断複写・転載を禁じます
© Komine Corp. All rights reserved.